【21】甲州鬼エビ

2018-10-10
海と日本PROJECT in やまなし

甲斐市にある養殖施設。
ここで行われているのは、オニテナガエビの養殖です。

オニテナガエビは東南アジア原産、淡水と海水が混じる汽水域で生まれた、淡水で育つエビです。
国内での養殖は難しいと言われています。

養殖を行っているのは、人材派遣会社ヒューネクトの今村秀樹社長です。

こちらの施設では「閉鎖式循環濾過システム」を用いて塩水の循環とフィルター、バクテリアで水を浄化します。
このシステムにより水を常にきれいに保つことで、病気の少ない健康なオニテナガエビを育てることができます。

今秋から「甲州鬼えび」の名前で売り出し、甲府市近郊の温泉地で簡易プールによる釣り堀施設を開く予定です。
素揚げにするとおいしく、伊勢海老のような食感が味わえます。

山梨県の陸上で育ったオニテナガエビ。
新名物として期待が高まります!

甲州鬼エビ

甲斐市にある養殖施設。
ここで行われているのは、オニテナガエビの養殖です。

関連リンク

ページ上部へ戻る