reta山梨日日新聞20231126_16面

甲府市地方卸売市場50周年 イベント賑わう

 甲府市地方卸売市場(同市国母6丁目)の開設50周年を記念し…
詳細を見る
海に囲まれた日本の中でも、数少ない内陸県の一つである山梨県は海とかかわりが意外に深く、人口10万人当たりの寿司屋の店数は日本一です。普及した理由は「生に近い海魚を食べたい」と思ったときに、寿司なら多少保存が効くためと言われています。また海への憧れからかマグロの消費量も全国2位のマグロ好きな県民性、さらにあわびの煮貝は山梨の特産でもあります。「海と日本プロジェクトinやまなし」では、そんな山梨と海のかかわりを伝えることで皆さんに興味を持ってもらい、海と共生するムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

修正DSC_3934

2024-1-30

フレンチトースト専門店CAFE LA PAIX シーフードをふんだんに使ったコラボメニュー「海のフレンチトーストランチ」を期間限定で提供!

一般社団法人海と日本プロジェクト in やまなしは、山梨県内で3店舗展開しているフレンチトースト専門店「CAFE LA PAIX」とコラボレーションし、期間限定メニュー「海のフレンチトーストランチ」を2024年1月15日(月)より提供を開始いたします。 「CAFE LA PAIX」はフレンチトース…
詳細を見る

イベント

山梨日日新聞20240421_16面

2024-5-14

富士川水運の歴史学ぶツアー

 笛吹・県立博物館と富士川町教委はこのほど、同町で鰍沢ウオーキング「富士川水運の町を歩こう」を開きました。 同館で開催された企画展「富士川水運の300年」(同館、山梨日日新聞社、山梨放送主催)の関連イベントで、参加者は企画展担当者らの解説を聞きながらゆかりの地を見学しました。  24人が参加し、…
詳細を見る

レポート

山梨日日新聞20240417_7面

2024-5-16

微プラ削減へ生分解ルアー開発 富士河口湖町の企業 

 マイクロプラスチックの削減に向けて、ホテル業などのT・S(富士河口湖町船津、山下茂社長)が、生分解可能なプラスチックでできたルアー(疑似餌)を開発しました。植物由来の原料でできており、水中に残っても5~10年で分解されるのが特徴です。河口湖はバス釣りで人気がある一方、水草などに引っかかり、湖底に残…
詳細を見る

番組情報

Still0302_00005

2021-3-8

【20】海プロオリジナルメニューを販売!

推進リーダーの岡本アナが今回伺ったのは海なし県でもおいしい海鮮丼が味わる魚丼甲府昭和店です。 ここでは、海と日本プロジェクトとコラボした特別な海鮮丼があるとうことで岡本アナも堪能してきました。 海と日本プロジェクトとコラボした「海を満喫丼」。魚丼の人気のネタを詰め込んだオリジナルの一品で…
詳細を見る
ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in やまなし
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://yamanashi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in やまなし</a></iframe><script src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>