Still1019_00047

一色ホタルまつり

こんにちは。海と日本プロジェクトinやまなし推進リーダー加藤…
詳細を見る
海に囲まれた日本の中でも、数少ない内陸県の一つである山梨県は海とかかわりが意外に深く、人口10万人当たりの寿司屋の店数は日本一です。普及した理由は「生に近い海魚を食べたい」と思ったときに、寿司なら多少保存が効くためと言われています。また海への憧れからかマグロの消費量も全国2位のマグロ好きな県民性、さらにあわびの煮貝は山梨の特産でもあります。「海と日本プロジェクトinやまなし」では、そんな山梨と海のかかわりを伝えることで皆さんに興味を持ってもらい、海と共生するムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

2019-10-11

荒川清掃活動100回達成

 荒川の自然保護や環境整備に取り組んでいる認定NPO法人「未来の荒川をつくる会」(飯野正久会長)が、甲府市内で月1回取り組んでいる荒川の清掃活動が9月で100回を迎えました。学生や地元の高齢者ら多くの人が活動に協力し、延べ参加人数は7千人を超えました。同会は「きれいな荒川を守るため、今後も活動を続け…
詳細を見る

イベント

海プロ㊷

2019-10-30

ビオトープ 水路に手作り 「生態系学ぶ場に」

 富士川町鰍沢の住民が、生物が集まる自然空間「ビオトープ」を近くの水路に手作りしました。ザリガニやメダカなどがすむ川辺で、子どもが遊ぶ機会が減っていることから企画。水路には生き物のすみかとなる石や水草を配置していて、住民は「子どもには安全な場所での遊びを通じて、生態系に興味を持ってほしいです」と話し…
詳細を見る

レポート

海プロ㊺

2019-10-30

ごみ26㌧を回収 本年度の清掃終了奉告 「入山川を美しくする会」の表彰も

 公益財団法人富士山をきれいにする会(野口英一理事長)は25日、富士吉田・北口本宮冨士浅間神社で、本年度の富士山環境美化清掃終了奉告祭を開きました。同会が本年度、富士山周辺で実施した清掃活動には延べ236団体、1万5189人が参加し、回収したごみは計約26・4㌧でした。  奉告祭には富士北麓地域の…
詳細を見る

番組情報

Still1031_00004

2019-11-4

【18】クリーンファイターズ山梨

"推進リーダーのぴっかり高木といしいそうたろうのふたりが伺ったのは山梨市にあるTOSENグラウンドです。ここでは山梨県で唯一のラグビー社会人チームクリーンファイターズ山梨が日々活動しています。この日の試合終了後には、海ごみゼロプロジェクトの一環として、選手、スタッフ、観客など多くの人が清掃活動を行い…
詳細を見る

アーカイブ

ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in やまなし
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://yamanashi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in やまなし</a></iframe><script src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>