PICKH20220725_A0004000210100004

川面を渡る風

上野原市の桂川と鶴川が合流する付近はアユ釣りの好ポイント…
詳細を見る
海に囲まれた日本の中でも、数少ない内陸県の一つである山梨県は海とかかわりが意外に深く、人口10万人当たりの寿司屋の店数は日本一です。普及した理由は「生に近い海魚を食べたい」と思ったときに、寿司なら多少保存が効くためと言われています。また海への憧れからかマグロの消費量も全国2位のマグロ好きな県民性、さらにあわびの煮貝は山梨の特産でもあります。「海と日本プロジェクトinやまなし」では、そんな山梨と海のかかわりを伝えることで皆さんに興味を持ってもらい、海と共生するムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

山梨日日新聞20221111_22面

2022-12-1

富士トライアスロン参加者が22万円寄付

9月に初開催された「Mt.富士トライアスロン富士河口湖2022」(富士河口湖町、日本トライアスロン連合、山梨日日新聞社、山梨放送主催)で集まった寄付金22万6千円が11月10日、公益財団法人「富士山をきれいにする会」(野口英一理事長)に贈られました。  甲府・山日YBS本社で受納式を実施。大会…
詳細を見る

イベント

PICKH20221031_A0018000240100005

2022-12-2

海ごみゼロへ市内清掃

韮崎市と「海なしやまなし発!海ごみZEROプロジェクト」は10月29日、市内をウオーキングしながらごみ拾いを行うイベントを開きました。  市民や市職員ら約100人が参加。5つのグループに分かれて市営総合運動場を出発し、道路沿いのたばこや空き缶、プラスチック容器などのごみを拾いました。回収したご…
詳細を見る

レポート

2022-12-5

新種マリモ 甲府で発見 本栖湖 採取の貝に付着か

国立科学博物館は11月11日までに、淡水魚を飼育していた甲府市内の民家の水槽から、国内で新種のマリモが見つかったと発表しました。山中湖などでこれまで確認されていた「マリモ」「タテヤママリモ」に次いで3種目。同博物館は本栖湖産の二枚貝に付着していた短い糸状の藻が球状になったとみて、「モトスマリモ」…
詳細を見る

番組情報

Still0302_00005

2021-3-8

【20】海プロオリジナルメニューを販売!

推進リーダーの岡本アナが今回伺ったのは海なし県でもおいしい海鮮丼が味わる魚丼甲府昭和店です。 ここでは、海と日本プロジェクトとコラボした特別な海鮮丼があるとうことで岡本アナも堪能してきました。 海と日本プロジェクトとコラボした「海を満喫丼」。魚丼の人気のネタを詰め込んだオリジナルの一品で…
詳細を見る
ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in やまなし
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://yamanashi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in やまなし</a></iframe><script src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>