キッズサマースクール㊶

【キッズサマースクール1】子どもたちが元気に出発

 海と日本プロジェクトのメインイベントとなる「キッズサマース…
詳細を見る
海に囲まれた日本の中でも、数少ない内陸県の一つである山梨県は海とかかわりが意外に深く、人口10万人当たりの寿司屋の店数は日本一です。普及した理由は「生に近い海魚を食べたい」と思ったときに、寿司なら多少保存が効くためと言われています。また海への憧れからかマグロの消費量も全国2位のマグロ好きな県民性、さらにあわびの煮貝は山梨の特産でもあります。「海と日本プロジェクトinやまなし」では、そんな山梨と海のかかわりを伝えることで皆さんに興味を持ってもらい、海と共生するムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

海プロ㊸

2018-10-12

親子がカヌー体験

 南アルプス市は、同市上市之瀬の南伊奈ケ湖でカヌーの体験教室を開きました。  親子ら14人が参加。講師を務めた「B&G南アルプス海洋クラブ」のメンバーからパドルの動かし方などを学んだ後、湖でカヌーを楽しみました。  体験教室は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録された南アルプスの生物圏保存地…
詳細を見る

イベント

Still1206_00001

2019-4-4

※※海ごみゼロアワード※※

海ごみゼロアワードは環境省と日本財団が共同で行っている事業で海洋ごみ対策に関して、 全国から優れたモデルとなるような取り組みを募集・選定し表彰、 日本の取り組みとして世界に発信します。 近年、海洋ごみ等による海洋環境の汚染、人々の生活・健康への影響等が危惧されており、 我が…
詳細を見る

レポート

01

2016-8-4

海がない山梨と長野になぜ小海線が?

 今年の夏は連日、雷雨に見舞われるなど不順な天候が続いていますが、素敵な夏休みを楽しんでいますか。暑い夏は涼しさを求めて避暑地に行きたくなりますよね。 山梨の有名な避暑地の一つに清里がありますが、清里を通る鉄道に小海線があります。小海線は小淵沢駅から長野県の小諸駅までを結ぶ路線ですが、海なし県の山梨…
詳細を見る

番組情報

Still0411_00004

2019-4-11

【1】海ごみ対策合同プロジェクト

日本財団と環境省が2月東京都内で共同の記者発表を行いました。 これから始まる合同プロジェクトは”海ごみゼロウィーク” "海ごみゼロアワード""海ごみゼロ国際シンポジウム"の3つの事業が行われます。 海ごみゼロウィークは5/30から6/5前後の期間を海ごみゼロウィークとして全国の個人、団…
詳細を見る
ページ上部へ戻る