1

【15】海プロ特別授業2020!

山梨県の特産品であるアワビの煮貝。海がないのになぜアワビが特…
詳細を見る
海に囲まれた日本の中でも、数少ない内陸県の一つである山梨県は海とかかわりが意外に深く、人口10万人当たりの寿司屋の店数は日本一です。普及した理由は「生に近い海魚を食べたい」と思ったときに、寿司なら多少保存が効くためと言われています。また海への憧れからかマグロの消費量も全国2位のマグロ好きな県民性、さらにあわびの煮貝は山梨の特産でもあります。「海と日本プロジェクトinやまなし」では、そんな山梨と海のかかわりを伝えることで皆さんに興味を持ってもらい、海と共生するムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

PICKH20211031_A0024000240100003

2021-11-19

SDGsをポスターで紹介

「やまなしSDGsプロジェクト」(同実行委主催)のポスター展が10月30日、富士吉田・富士急行線富士山駅ビル「Q-STA(キュースタ)」で始まりました。展示は11月14日まで行い、企業の取り組みなどを紹介しています。 プロジェクトは、国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の考えを県内で広め…
詳細を見る

イベント

2IMG_3244

2021-12-3

雲を手作り!? 気象から海とのつながり学ぶ【甲州握りふしぎ探検隊➂】

 山梨県内在住の小学5、6年生14人は11月13日、甲府・山日YBS本社で、気象を通じて山梨と海とのつながりを学びました。  講師は日本ネットワークサービス気象情報室の北野芳仁気象予報士が担当。北野気象予報士は山梨県の気象的な特徴や雲ができる仕組みなどを解説し、「海がない山梨県も実は海と密接な関係…
詳細を見る

レポート

2021-11-25

海洋ごみゼロへ静岡の海岸清掃

 山梨県は10月30日、静岡県富士市で海洋ごみ問題を考える海岸清掃ツアーを開きました。 県内の環境団体や行政機関、企業などでつくる「海なしやまなし発!海ごみZEROプロジェクト」と協力し、山梨県民の「海洋ごみゼロ」への意識を高めようと企画。親子連れら40人が参加しました。参加者は静岡県のグループに…
詳細を見る

番組情報

Still0302_00005

2021-3-8

【20】海プロオリジナルメニューを販売!

推進リーダーの岡本アナが今回伺ったのは海なし県でもおいしい海鮮丼が味わる魚丼甲府昭和店です。 ここでは、海と日本プロジェクトとコラボした特別な海鮮丼があるとうことで岡本アナも堪能してきました。 海と日本プロジェクトとコラボした「海を満喫丼」。魚丼の人気のネタを詰め込んだオリジナルの一品で…
詳細を見る
ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in やまなし
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://yamanashi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in やまなし</a></iframe><script src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>