2PICKH20200801_A0019000240200006

尾白川渓谷で水難事故訓練

北杜署と韮崎署は7月28日、北杜市白州町横手の尾白川渓谷…
詳細を見る
海に囲まれた日本の中でも、数少ない内陸県の一つである山梨県は海とかかわりが意外に深く、人口10万人当たりの寿司屋の店数は日本一です。普及した理由は「生に近い海魚を食べたい」と思ったときに、寿司なら多少保存が効くためと言われています。また海への憧れからかマグロの消費量も全国2位のマグロ好きな県民性、さらにあわびの煮貝は山梨の特産でもあります。「海と日本プロジェクトinやまなし」では、そんな山梨と海のかかわりを伝えることで皆さんに興味を持ってもらい、海と共生するムーブメントを起こすことを目的に活動しています。

最近の記事

お知らせ

PICKH20200827_A0016000240100007

2020-9-15

カヌー、トレッキング、ヨガ… 夏の山中湖遊び満喫を

山中湖観光協会は、夏の山中湖村で楽しめる湖上や富士山麓でのアクティビティを盛り込んだ体験プログラムを行っています。  体験プログラムはボードの上でパドルをこぐサップやカヌー、トレッキング、星空観察などをはじめ、ヨガや陶芸といった手作り体験など約30種類。8月から地元観光業者と連携して始めた山中…
詳細を見る

イベント

0911海プロ

2020-9-17

山梨と海の関連 出前授業で学ぶ

日本財団が推進する「海と日本プロジェクトinやまなし」の実行委は9月10日、甲府・山梨学院小で、天気などをテーマに山梨と海との関わりを学ぶ出前授業を行いました。  6年生70人が参加し、静岡県水産・海洋技術研究所伊豆分場長の伊藤円さんや、日本ネットワークサービス(NNS)気象情報室の宮田雄一朗…
詳細を見る

レポート

0910ヤマメ

2020-9-17

ヤマメ 生きたまま配送 多摩川源流の自然 自宅で感じて 小菅の養魚 場観察、食育…注文100件超

小菅村の玉川養魚場は、ヤマメを生きたまま宅配するサービスを始めました。清流で育まれた元気なヤマメを見てもらい、村に興味を持ってもらおうと企画。8月11日のサービス開始からこれまでに東京などから100件以上の注文があり、代表の横瀬徳義さん(59)は「生きた川魚に触れてもらうことで、東京を流れる多摩川の…
詳細を見る

番組情報

Still0820_00009

2020-9-8

【10】海の家が海プロコラボメニューを提供

海と日本プロジェクトinやまなしの推進リーダーいしいそうたろうさんが伺ったのは富士吉田市にある富士山 海の家です。今回は海と日本プロジェクトとコラボした新メニューが食べられるということで取材しました。 「富士山 海の家」では、社長の横山さんが30年の年月をかけ、栄養価が高い海老の陸上養殖を実現。そ…
詳細を見る
ページ上部へ戻る
海と日本PROJECT in やまなし
最新ニュースをウィジェットで埋込み

<iframe class="uminohi-widget newssite-newest" src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/newest/" width="100%" height="800" frameborder="no" scrolling="no" allowtransparency="true"><a href="https://yamanashi.uminohi.jp">海と日本PROJECT in やまなし</a></iframe><script src="https://yamanashi.uminohi.jp/widget/assets/js/widget.js"></script>